看護師必見!ダイエット講座

ダイエットに効果的な夜勤明けの食べ方

夜勤があるからと諦めていたあなたもできる

夜勤明けの食べ方を気をつける

夜勤明けの食べ方を気をつける
LINEで送る
Pocket

気分に任せて食べない

夜勤明けはストレスや疲れなどから食事量が増えてしまいがちになります。加えて長時間勤務からの解放感もあり、好きなものを好きなだけ食べてしまうことが多いです。特にダイエット中は食事制限がとても大切になることから、好きなものを好きなだけ食べることは当然厳禁です。また、夜勤明けは食事の後に睡眠を取ることになると思いますので、眠る前の食べ過ぎはエネルギーを持て余してしまい脂肪になりやすいです。夜勤明けの食事では気分に任せて食事量を多くしないことを意識しましょう。

ゆっくりと食べる

看護師の仕事は忙しいので、勤務中の食事休憩でゆっくり食事を取れない日も少なくありません。そのため、できる限り早く食べるように意識している人が多いです。仕事中だけであればこの早食いも仕方のないことですが、急ぐ必要のない普段の食事でもクセで早食いをしてしまう人も多いと思います。さらに夜勤明けは早く眠りたい気持ちが勝り、仕事中と同じように早食いしてしまっている人もいるはずです。
しかしこの早食いは太る原因となりますので気をつけなければなりません。脳はこれ以上の食事は必要ないというサインを出すために、満腹中枢を刺激します。この満腹中枢への刺激が出るまでには、食事を食べ始めてから少なくとも15分かかります。つまり、食べ過ぎていないかどうか判断するためには、最低でも15分はかかるということです。早食いをして10分で食事を終えてしまった場合には、まだ脳から満腹かどうかのサインが出ていないため、必要以上に食べてしまっている可能性があります。
夜勤明けの食べ過ぎを抑えるためには、ゆっくりと時間をかけて食事をしましょう。咀嚼回数を意識しながら時間をかけて食べることで満足感を得られ、適切な量の食事に抑えることができます。

間食に気を遣う

ダイエット中の間食は控えたほうがいいとわかっていても、ついつい甘いお菓子やデザートに目が行ってしまうもの。無理に我慢しているとストレスがたまり、その反動で甘いケーキを食べてしまったりなど、ダイエット経験者なら1度は失敗したことがあるのではないでしょうか。そうなると今までの努力が水の泡となってしまいますので、適度に息抜きをしましょう。「コレガノ」は女性のキレイを応援しているサイトで、ダイエットをはじめとする女性に役立つ情報が満載です。こちらの記事では間食を取る際のポイントや、手軽に買えるおすすめのスイーツを紹介しています。

詳細はこちら(外部サイトに飛びます)

看護師が取り入れやすい方法を調べる

ダイエットを成功させるために具体的にどんなことすれば良いか把握しておきましょう。最も参考になるのは、自分と近い状況で、なおかつダイエットに成功した人がどんなことをしていたのか、という情報です。つまり、夜勤がある看護師であれば、同じように夜勤がある看護師がどのようにダイエットに成功したのか具体例を知ることが一番です。「ナースときどき女子」は看護師ならではの悩みに寄り添ったコンテンツから、恋愛や美容など、看護師にうれしい様々な情報を発信しています。こちらの記事では夜勤中だけでなく夜勤前や夜勤後の食事の取り方やおすすめフード、食べ過ぎないためのちょっとしたコツを紹介しています。

詳細はこちら(外部サイトに飛びます)

痩せたいのに痩せられないあなたへおすすめの記事